睡眠不足と虫歯の関係

睡眠不足は虫歯を呼ぶ?

 

「今だけは避けたい!」というときに限って、歯が痛くなったりしませんか?

 

歯が痛いという状況を放置しておくと、かなり重度な虫歯になってしまい、歯の神経を抜かねばなりません。

 

楽にはなりますが、歯が死んだのと同じことになります。

 

このなってしまう原因、実は「睡眠不足」もあるんです。

 

そもそも人の体は寝ている間に免疫力を高めるため、睡眠時間が十分でないと虫歯菌が増殖しやすくなります。

 

また睡眠中は唾液が減るため、虫歯になりやすくなります。

 

 

なぜ睡眠不足が続くと虫歯になりやすくなるか

 

唾液は、口内の酸性化を防止して、虫歯が出来にくくなる環境を作っています。

 

抗菌作用から、再石灰化など、虫歯防止に必要な要素を唾液は多く含んでいるのです。

 

もちろん唾液が出ることで、いつまでも口の中に菌がとどまらない効果もあります。

 

しかし、睡眠不足だと、唾液の分泌量が減ってしまうのです。

 

1日の唾液の総量が減ってしまうので、虫歯のリスクはかなり高くなります。

 

虫歯対策は「歯を磨く」だけでなく「きちんと寝る」も不可欠なのです。

 

ただし睡眠中は誰でも唾液分泌量は減りますので「寝る前の歯磨き」は必須です。

 

また出来てしまった虫歯が再発することはよくありますが、睡眠不足だと悪化する確率が多くなるうえ、根元から膿んでくるなど大事になりがちです。

 

これは虫歯が出来る理屈と同じです。

 

また「疲れると歯が痛くなる」経験をした人もいると思いますが、ストレスは歯痛を招くのです。

 

睡眠不足は心身のストレス筆頭です。

 

「寝る暇もないのに、歯のトラブルが多くて踏んだり蹴ったり」という人、それは「寝る暇がない」こと自体が原因かもしれません。

 

夜全く眠れない睡眠不足を解消するサプリメントなら休息ドリンク「北の大地夢のしずく」です!!