口臭と睡眠不足の関係性

口が臭いのは不眠症のせい?!

 

朝起きた時、口臭が気になるのは当たり前!!なんて思っていませんか?
実はそれ不眠症が原因になっている可能性があります!!

 

 

口臭と寝不足の関係性

 

人は起きているときには交感神経が優位に働きます。いわゆる「活発な状態」ですね。

 

そして寝る時には副交感神経が働き、心身共にリラックスモードに入り、しっかり睡眠を取って、また交感神経が働くというのが人間の正しいリズムです。

 

しかし、不眠症はこのリズムを大きく狂わせてしまうのです。

 

つまり寝る時にも、交感神経が優位になったままになったりします。眠れなくなるか、寝ても、浅い眠りになってしまうか、になってしまいます。

 

そしてその結果、唾液の分泌が減ってしまうのです。

 

唾液腺は副交感神経がしっかり働く睡眠時に仕事をする、つまり、しっかり唾液を出すのです。

 

そして口の中は「唾液」という自然の殺菌作用でバクテリアを殺し、口の中の潤いを保ち、「お口すっきり」な状態が維持されるというわけです。

 

また不眠症が続くと、そもそも日中も唾液の分泌が少なくなってしまいます。ドライマウスと言われる症状です。

 

夜全く眠れない…不眠症解消には「休息ドリンク」がおすすめ

 

 

ドライマウスになると起こる問題

 

こうなると、日中も殺菌力は弱まり、四六時中口臭に悩まされてしまいます。

 

口臭の原因は内臓とも言われたこともありますが、今では「口内のばい菌」説が定番です。

 

つまり不眠症の場合、ずっと口臭に悩まされる毎日を送る羽目になるわけです。

 

口臭=口の中が不潔ということですから、当然歯周病、虫歯も呼び込みやすくなりますね。

 

また口臭の原因はホルモンバランス、免疫力低下、ストレスも原因とされていますが、これらすべて不眠症で起こることなんです。

 

寝なくて口が臭くなるのは当たり前なんです。寝ないと「不潔な人になる」ということですね。

 

 

夜全く眠れない不眠症を解消するサプリメントなら休息ドリンク「北の大地夢のしずく」です!!