睡眠不足が引き起こす睡眠不足症候群とは

睡眠不足症候群という病気

 

睡眠不足が、健康面でいろいろな悪影響をもたらすことは、よく知られていますが

 

実は最近「睡眠不足症候群」という病名がつくようになったのです。

 

症状は、日中の集中力を欠く、無気力、日中の眠気などという睡眠不足を経験した人なら誰でも感じたことがある症状ですが、これを放置しておくと、「朝に起きられない」「会議のときに寝てしまう」「人に攻撃的になる」など、社会生活に支障をきたすレベルになってしまうのです。

 

この状態を「睡眠不足症候群」と呼びます。

 

 

睡眠不足症候群とはどういう状態の事を指すか

 

睡眠不足症候群の定義は「3か月以上の睡眠不足が続き、いろいろな症状が出ているのに、本人の自覚がない場合」とされています。

 

夜更かし習慣のある人、ロングスリーパー、多忙で睡眠より他のことを優先してしまうタイプがかかりやすいと言われています。

 

病名がついていることからわかるように、度を越した睡眠不足はそれ自体が病気なのです。

 

しかし、かつて「うつ病」が根性不足と思われていたように、睡眠を削ることが未だに大した問題ではない、寝ずに頑張るのが美徳と考えられていることが多く、気づいたら、社会生活に支障をきたすことが非常に多くなっているのです。

 

睡眠症候群を改善する方法は決まった時間に寝る、一定時間の睡眠を確保する、必要に応じて昼寝をする、といった睡眠のリズムを取り戻すことです。

 

これを実行するだけで、朝起きられない、能率が悪い、イライラが強いという、ストレスは殆どなくなるケースは大変多く、生活の質が格段に改善されます。

 

睡眠不足は害である。「睡眠不足症候群」はそのシンボルのような病気です。

 

今はまだ大丈夫でしょ?って思っていても睡眠不足症候群になってしまうのはすぐ目の前です。

 

夜全く眠れない睡眠不足を解消するサプリ等で今のうちに対策する事をおすすめします