睡眠不足はメタボまっしぐら!

肥満の原因は不眠症にあり!?

 

夜全く眠れない…不眠症解消には「休息ドリンク」がおすすめ

 

睡眠不足で困ること・・集中力の低下、疲労回復が出来ないなど、いろいろありますが、実は体重が増えやすいんです。

 

しかも、筋肉が付くわけではないので、メタボ一直線=あらゆる成人病を招く確率が上がるのです。

 

まず睡眠不足で太る原因を解説しましょう

 

1 ホルモン分泌バランスの崩れ

 

食に関するホルモンには食欲を抑制するレプチンと、促進するグレリンがあります。

 

寝不足だとレプチンが減り、グレリンが増えます。

 

またグレリンは、ただ食欲を増進するだけではなく、高カロリーの物質を好む性質があります。

 

それどころか、糖を分解するインスリンが寝不足の場合、脂肪を溜める働きをしてしまうのです。

 

なぜこんなことになるのか・・・それは、不眠症は生命の危機、体の健康を維持しようとして、カロリーを溜めようとする働きが強くなるのではないかと言われています。

 

2 基礎代謝の低下

 

人は寝ている間にたんぱく質を筋肉に変えたり、体を作っているのです。

 

昔から言われる「寝る子は育つ」という教えは、成長ホルモンが分泌されているというちゃんとした理由からなんです。

 

不眠症の場合、この力が減ります。

 

筋肉量の減少=脂肪が燃焼しない=太るということです。

 

 

3 これらの総合結果が招く悲劇

 

筋力が落ちると、運動が面倒になりますね。

 

また、体重が増えやすい状態で、起きている時間が長いことにもなります。

 

夜長い時間起きていると、高カロリー食品を口にする機会も増えます。

 

不眠症はストレスホルモン(コルチゾール)も増やします。こうして、より暴飲、暴食が増えてしまうのです。

 

体重増加は、糖尿病、心臓、脳の血管障害につながっています

 

寝ないこと=体の修復が出来ないどころか、痛める行動につながってしまうんです。