なぜ部屋の温度と湿度が高いと寝不足になるのか

 

人間には体の表面の温度と体の深部の温度があります。

 

この体の温度が睡眠と寝不足の原因に関係しているのです。

 

人は日中起きている時には、体の深部の温度が高くなっていますが、この体の深部の温度が低くなると人は眠たくなるのです。

 

つまり人は寝ている時には深部の体温が低くなり起きる頃にまた高くなるのです。

 

体の深部の温度が下がりきらないと、深い眠りにつく事はできません。

 

夜中に目が覚めるのが多い人は、体の深部の温度が下がりきっていない事が考えられます。

 

体の表面の温度が高くなると熱が発散されて、体の深部の温度は下がります。

 

眠る時に手や足が温かくなるのには、そういう理由があるのです。

 

部屋の中の温度が高かったり湿度が高いと、、人は体温の調節ができなくてうまく眠る事ができなくなるので、特に温度は大切で、眠るのに適している気温は25度から27度と言われています。

 

また布団の中の温度は33度前後が良いとされているので、気温が低すぎるのも良くありません。

 

湿度は50から60パーセントくらいが良いと考えられています。

 

湿度が高すぎると体の熱を蒸発させられず、うまく体の深部の温度を下げる事ができません。

 

温度と湿度は良い睡眠を取るためには、とても重要な物なのですね。

 

夏の蒸し暑い時期には眠れない事が増えると思います。

 

エアコンをつけて眠るのも良いのですが、どうしてもエアコンがつけたくない人は扇風機を使って下さい。

 

風を感じるだけでも体感温度はかなり下がるので、眠りの導入には使えるでしょう。

 

また寝具や寝巻きを工夫するのも大切です。

 

通気性や吸水性の良い物を選ぶと良いでしょう。

 

襟元や袖口が開いている物も、体温調節に役立ちます

 

夜全く眠れない…不眠症解消には「休息ドリンク」がおすすめ