寝不足が仕事に与える影響、及びもたらす状況

寝不足が与える仕事への影響

 

誰でも前日あまり眠れないまま、仕事をすることはあると思います。

 

こういう時は集中力が落ちたり、ミスが増えたりしませんか?

 

睡眠の役割とは、簡単にいうと脳のお掃除です。

 

前日までのストレスをリセットしたり、記憶を整理したり、また自律神経など体を健康にする機能を回復したりという役目を追っているのです。

 

もちろん、体の疲労回復にも役立ちます。

 

寝不足が続くと何が起こるのか、掃除していない部屋を考えてみましょう。

 

何日も前のものが落ちている、どこに何があるのか解らない・・など、どんどんどうしようもない事態を招きますね。

 

これと同じことが起きます。

 

つまりストレスが溜まり続け、記憶はごちゃごちゃのまま、自律神経は狂ったまま、ということになります。

 

この結果、現実的に起こることは、ストレスに対処する容量が減るので、怒りっぽくなりまた耐性も落ちます。うつ病に近づいてしまいます。

 

記憶力など、脳の論理的な能力が落ちると仕事がはかどりません。ミスも増えます。

 

そして自律神経、女性の場合は女性ホルモンの分泌なども狂います。

 

食欲のコントロールがおかしくなり太りやすくなります。またお通じに支障が出たり、体を健康に維持する能力自体がどんどんと落ちてきてしまうのです。

 

結果として、心身ともに、健康のバランスを失い、心身どちらかの病気を招く可能性が非常に高くなります。

 

このような状態を回避するため「寝なきゃいけない」と思い込み過ぎると言う悪循環も生まれてしまいます。

 

もし、あなたが寝不足でも、質のよい睡眠が取れていれば問題はありません。

 

あまりに短すぎる睡眠時間は問題ですが、睡眠は量より質なのです。

 

夜全く眠れない不眠症を解消する休息ドリンクを試してみませんか?