睡眠不足が及ぼすダイエットへの影響

不眠症だと食欲が増える

 

特にダイエット中の方に不眠症な状態だと体にどんな影響があるかについてのお話です。

 

不眠症の状態だと脳内の食欲が増える増えるホルモンのグレリンが増大し、食欲を制限するリミッターの役割を果たしているレプチンが減少してしまうので過剰に食欲が湧いてしまい、通常よりも食べ過ぎてしまう状態になり太りやすい状態に陥ってしまいます。

 

不眠症状態になりやすい例でいうと、特に乳幼児がいる母親はこの太りやすい状態になりやすく育児中は体重が増加しやすいです。

 

母乳で育てている場合たくさん食べて赤ちゃんに栄養を送り続ける必要がある為栄養のあるものを、たくさん食べる必要があるので必然と食欲が増えるのかと思っていましたが実際は不眠症による影響が多いんですね。

 

 

ダイエット中はしっかり睡眠時間を取ることが何より大事です

 

ダイエットしてるのに寝不足で食欲が増えてしまって食べたくて食べたくて仕方ない状態に・・・となると本当に辛いですよね。

 

痩せたいけど食べたくして仕方ない・・・という状況なので・・・

 

食欲が増え痩せにくい状態になってしまうだけでない不眠症

 

不眠症で体が休息できていない状態の場合体全体の筋肉の緊張がとれず筋肉が強張った状態になってしまい、結果新陳代謝が低下し血液のめぐりが悪くなって血行が悪くなり体の冷えにもつながります。

 

体の冷えにつながる=冷え症の原因にもなるという事です。

 

これも辛いですよね。

 

手足が冷えている状態になってしまうと体が温まらず更に血行が悪くなり健康状態にも影響が出てきてしまいます。

 

 

人間の体はしっかりと睡眠し体を休息させる事が大事

 

自分の体を健康に保つ為にはしっかりと十分な休息時間をもうけ体を休ませる事が重要です。

 

ただ横になって寝るという事だけでなく深い眠りにつくという事が最も重要です。

 

現代人の悩みの多くは日常が忙しく睡眠時間が短くまともに休息時間を設ける事が出来ず悪循環に陥ってしまう事が多いので、このままでは体の健康にも悪いので寝不足状態は早く改善する事が望ましいです。

 

不眠症で悩んでいるようであれば短い時間でもしっかり休息する事ができる。

 

夜全く眠れない不眠症を解消するサプリメント

 

がおすすめです。

 

ぜひ、試してみてください。