睡眠不足と疲れがとれないの因果関係

不眠症だと体の疲れがとれません

 

私はここ数年の間で慢性的な不眠症の症状を抱えていました。

 

私が不眠症の症状ににさいなまれている原因はよくわかりませんが、何よりも職場でのストレスがとても大きいのではないかと考えています。

 

日ごろから勤務時間がめちゃくちゃであるために、整った睡眠をとることができないでいましたからね・・・

 

そのため、いつしか仕事に対するモチベーションも下がってしまい、このままでは会社を退職せざるを得ないのではないかと考えました。

 

そこで、私は心療内科に通院を始めることにしました。私は心療内科についての知識を持っていなかったのですが

 

家族の強い勧めもあったので、インターネット上の口コミサイトやランキングサイトなどをしっかりと確認して、よい心療内科医が在籍しているところを見極めることにしました。

 

通院をしていた心療内科は自宅のそばにあったために、通院がしやすくてとても良かったですけど、通院をはじめてから薬のおかげもあって飲み始めた当初はぐっすりと眠れるようになってすごくよかったんです。

 

そのおかげで体も楽になって疲れやすくなってしまっていた体がすごく軽くなった感じで、昔の様に元気を取り戻せた気がしていました。

 

でも、処方された薬を飲み続けているともう薬がないと寝れないくらいの感じになってしまい、薬が切れてしまった晩の夜はまた寝ることができず不眠症に陥ってしまって・・・

 

このまま処方された薬を飲み続けると癖になってしまって薬がないと困る体になってしまっている事に気づき、「あんまりよくないなー」と思い薬の服用を辞めて別の方法を検討していた時に、出会ったのが睡眠サプリ「北の大地の夢しずく」でした。