夜全く眠れないで悩んでいる時に寝つきを良くする飲み物

寝付きが悪い時に効果がある飲み物!?

 

寝つきを良くするもの・・というと、ホットミルクやココアなんかが思い浮かびますね。
しかし〜〜その考えは昭和世代、今、最も寝つきがいいとされているもの、それは何と「ノンアルコールビール」なのです。

 

寝酒はNG

 

寝酒が睡眠には良くないというのは、わりと最近では広く知られてきたことですが、この理由はアルコール自体には、寝つきを良くする作用があるのですが、アルコールは、肝臓で分解する必要があります。

 

つまり寝ている最中に、体が過剰に働く羽目になり、睡眠の質が劣化・・

 

事実上、睡眠不足になり、よりよい睡眠を!とアルコールが増え・・以下泥沼、となるため、寝酒は絶対に避けた方が良いのです。

 

この点、ノンアルは文字通り、アルコールフリーですからその心配は要りません。

 

しかも、その代わりに最強の「睡眠お助け成分」が入っているのです。

 

ノンアルに含まれている成分は???

 

実は、ノンアルにはGABAというアミノ酸が入っているのですが、このGABA、神経を鎮静させる効果があるのです。

 

これについては、かなり、色々な研究結果が報告されており、寝つき効果が上がるのはもちろん、日中の興奮を鎮めるのにも良いとのこと。

 

つまり、睡眠状態に入りやすい上に、睡眠の質を高めてくれるという、睡眠最強物質が入っているのですね。

 

更にGABAが凄いのは「脂肪を燃焼させる力」もあること、睡眠の大敵、肥満を遠ざけてくれたりするのです。

 

 

「お酒」の落とし穴

 

これはもう飲むしかない!寝る前には「どや顔」でノンアルを飲もう!明日への活力のため!
・・ちょっと待った。

 

お酒、特にビールというのは、冷たいものを、がぶ飲みすることが多いですね。
これでは体を冷やすことになり、必然的に寝つきは悪くなります。

 

またお酒には、おつまみがつきもの、寝る前に高カロリーなものを摂取すると、内臓が働かねばならないため、これまた寝つきの足を引っ張ります。

 

更にノンアルというのは、実は人工甘味料が入っており、大量摂取すると、寝ている間に血糖値が乱高下するため、睡眠に逆効果、もちろん太りやすくなるのを始め、健康には有害です。

 

またノンアルといってもビールですから、ホップが入っています。

 

・・・で、実は、ホップというのは、食欲増進効果が高いんですねぇ〜〜。

 

つまり、冷えすぎていないノンアルを、つまみなしで適度な量飲んでおく、というのが寝つきにはベストだということです。

 

・・軽くテンションが落ちた皆さま、意外に暖かいビールもいいと言いますし、欲を出さず、寝る前のホップ風味を楽しんでおきましょう。

 

最近はカロリーOFFのノンアルもあるので寝付きが悪い時におすすめできるかと思います。

 

でも、正直ノンアルっておいしくなくないですか?しかも、毎晩寝付きが悪いからってノンアルを毎晩というのもあんまり現実的ではないですし、健康的な飲み物でもないので心の底からはおすすめできないが現状です。

 

そこでおすすめなのが「休息ドリンク」です。

 

サプリメントでもなく、眠眠打破や強強打破の様にカフェインてんこ盛りで眠気を吹き飛ばすドリンク剤でもない健康的なドリンク剤です

 

ご興味があれば参考にしてみてくださいね。