枕が変わると寝られないのはなぜか

旅行先など枕が変わってしまうと眠れなくなる理由とは

 

よく枕が変わると眠れない人って、聞きますよね。旅先で寝られない人というのも耳にします。

 

実際私もそうなんですが。

 

この枕がないと寝れなくなるのは何が原因なのかと言うと、最も多い理由は「思い込み」だったりします。

 

「さあねるぞ!!!という意識が強すぎると体や脳がリラックスできず、眠くなる為の成分の分泌がされないので、逆に目が冴えてしまって眠る事ができなかったりします。

 

また、旅行先や出張先などでも同様ですが環境が変わる事で普段との変化に体が馴染ます

 

寝よう寝ようという意識が無理に働いてしまい、脳が興奮状態になって眠る事ができないんです。

 

でも、寝れなきゃ寝れないで困るし翌日が辛くなるから寝る必要も合ってかなりのジレンマですよね。

 

しかも、寝たくても寝れない状況が続き、病的な領域にまで発展すると精神疾患になってしまいます。

 

※念の為補足しますが、枕にこだわり過ぎ休息を得られなくなって精神疾患になるというわけではありません。

 

 

枕にこだわる必要があるのかどうかという点について

 

枕へのこだわりについてですが、「慣れた枕が手元ある」という意識が存在する事で、人は無意識のうちにリラックス状態に入る事ができ、副交感神経が活発に働き眠りに落ちる事が出来る状態になります。

 

なので、寝る時に使用する枕が普段と違う枕に変わってしまうと「枕が違う」とい事実が脳を無意識のうちに刺激してしまい、リラックス出来ない状態に陥ってしまいます。

 

また一度でも「枕が違うし・・・」なんて思ってしまうと、その枕が違う事から意識が抜けられなくなり、「いつもと違う枕」ということに脳が大変なストレスを感じるのです。

 

旅先不眠も同じで、いつもと違う環境から来る緊張感が不眠を呼ぶのです。

 

もちろんこの感じ方は人それぞれ性格によって違います。どこでも寝られる人もいますからね。

 

また器質的な理由として、実際に枕が変わると体勢が違って寝苦しい=熟睡できない=ノンレム睡眠が減ってしまいます。これは寝ている最中に体が感じるストレスですね。。
それが「自分に合った枕を選びましょう」と言われる理由です。

 

このように、人の睡眠障害は、ストレスがかなり大きく関わってくるのです。

 

寝る前アロマを楽しむ人もいると思いますが、実際のリラックス効果に加え、「寝る前の儀式をすると落ち着く」という安心感が相乗効果を生むのです。

 

「いつもと同じ寝室」や入眠儀式には安心感を得るという意味があるのです。

 

なので、外出先でも変に意識せず普段と同じ気分でいるように心がけると大分違ってくると思います。

 

でも、それでもやっぱり外出先で眠れない・・・という事であれば持ち運びもしやすく、外出先で寝付きが悪くてもスーッと自然に無理なく眠りにつくことが出来る休息ドリンクを試してみてください。

 

 

↓↓↓ ご興味があればコチラをクリック ↓↓↓

 

 

枕が変わると寝れなくなってしまう方におすすめな休息ドリンク