ポピュラーな精神安定剤(抗不安薬)「デパス」の特徴

眠れない時に飲むポピュラーな精神安定剤「デバス」

 

寝られない・・って辛いですね。実際、睡眠不足で体にいいことは全くありません。

 

ところで寝られない理由って何でしょうね。

 

過労や、生活のリズムが狂うとそれをきっかけに眠る力が落ちます。

 

これが発展すると「眠れない自分への焦り」が出てきます。

 

眠れない悪循環へのトンネル入りですね。

 

こういう時には睡眠薬!・・ではなく、生活や日頃のストレスを取る方法があります。

 

かなりポピュラーな精神安定剤(抗不安薬)にデパスという薬があります。

 

ポピュラーな精神安定剤(抗不安薬)「デパス」の特徴

 

うつや神経症などの治療に使う薬ですが、実は肩こり、腰痛、頭痛などにも効くのです。

 

人の脳はストレスの度を超すと、体に悲鳴が出るようになっています。

 

日頃の不安や緊張が強すぎて、体の不調が多い、そして寝られないという場合はデパスのような抗不安薬を飲むことで、体の不調が取れ、自然に不眠も解決することが多いのです。

 

・・と書きますと、抗不安薬がすべてを解決してくれるかのようですが、もちろん逆効果というケースもあります。

 

デパスの場合、かなりメジャーな分、いい、悪いが人によりはっきり分かれます。

 

心身の緊張を取るということは「脱力する」ことでもあります。

 

高齢者を筆頭に脱力感が強く出すぎてしまう人もいるのです。やる気が落ちる人もいますね。

 

また逆のケースとしては、不安を取り除く効果があるため、気分的に薬に頼りすぎになることもあります。

 

日常生活では誰でも、理不尽なストレスに日々ぶつかりますが、不安回避の習慣がつくと、どんどん不安耐性が低くなり、服薬量が増えてしまったりもするのです。

 

どんな人でも病気にはなってしまうものですが、可能な限り予防するのがベストですね。

 

夜全く眠れない…不眠症解消「休息ドリンク」がおすすめ