夜眠れない時に飲む薬「マイスリー」の特徴

夜眠れない時に処方される薬 睡眠導入剤「マイスリー」

 

最近よく眠れない、こんな時にふと思いつくのが睡眠薬の使用だと思います。

 

しかし一口に睡眠薬と言っても、効き目の持続時間、強さなど、効果だけでもかなり多くの特徴があります。

 

睡眠薬は作用時間がいろいろあるのですが、超短時間作用の薬もあります。

 

マイスリーがその1つで、睡眠導入剤とも言われます。

 

 

睡眠導入剤「マイスリー」の特徴

 

夜眠れない時に飲む薬「マイスリー」の特徴

 

マイスリーは飲んでから30分以内に効き目が現れ、最高に効いている時間(血中濃度が高い時間)は、80分後、トータルで約2時間程度の作用時間があります。

 

つまり寝入りばなの手助けをする薬であって「寝る」というレールに乗ってしまえば、あとは自分自身の力で寝ることが出来るので、薬の力に頼る部分がごく最小限で済みます。

 

しかしもちろんデメリットもあります。

 

その1つがやめたときの反動です。

 

マイナリーを一定期間飲み続けた場合、体が薬に慣れてしまい突然止めると離脱症状が体に出てしまうのです。

 

少しずつ減薬するなど、ゼロにするためには一定時間が必要になります。

 

 

睡眠導入剤「マイスリー」を使う事のデメリット

 

夜眠れない時に飲む薬「マイスリー」の特徴

 

マイナリーは、薬が効いている時間に、せん妄や健忘が起きやすいとも言われています。

 

せん妄は夢遊病的な症状、健忘は夜間にトイレに行ったはずなのに覚えていないというようなことです。

 

従って、マイナリーを飲む場合は「寝る時間をきちんと決め、直前服薬、しっかり寝る」

 

を守らなくてはいけません。薬が効いた状態で起きているのは望ましくありません。

 

また一部の精神病は服用により病状を悪化するケースもあります。

 

睡眠薬は短い、弱い=気楽ではありません。慎重に服用することが大事です。

 

 

夜眠れない時に飲む薬「マイスリー」の考察まとめ

 

睡眠導入剤である「マイスリー」を服用する場合は専門家からの指示や、専門医からの処方が必要になりますし、副作用もある為、少なからず体に悪い影響も出てしまう為あまりおすすめできません。

 

そこでおすすめなのが、副作用もなく自然と眠りに入る事ができるよう開発された

 

「北の大地夢のしずく」

 

です。

 

ご興味があればコチラのページを参考にしてみてください。

 

  夜全く眠れない…そんな時は不眠症解消休息ドリンク「北の大地夢のしずく」