夜全く眠れない時に処方される睡眠薬(睡眠導入剤)の種類

夜全く眠れない時に処方される睡眠薬(睡眠導入剤)の種類記事一覧

夜眠れない時に飲む薬「マイスリー」の特徴

最近よく眠れない、こんな時にふと思いつくのが睡眠薬の使用だと思います。しかし一口に睡眠薬と言っても、効き目の持続時間、強さなど、効果だけでもかなり多くの特徴があります。睡眠薬は作用時間がいろいろあるのですが、超短時間作用の薬もあります。マイスリーがその1つで、睡眠導入剤とも言われます。睡眠導入剤「マ...

≫続きを読む

睡眠導入剤「ハルシオン」の特徴

睡眠薬の名前など、全く無縁という人でも「ハルシオン」という薬剤名は耳にしたことがあるかもしれません。ハルシオンは、数年前にいわゆる薬物の乱用遊びとして使われ、ニュースになっていたからです。(アルコールと一緒に飲むという危険な遊びの話です。)逆に言えばそのくらいポピュラーな薬であり、古くから使われてき...

≫続きを読む

睡眠導入剤「アモバン」は高齢者向きの薬

ネットの通販サイトなどを見ていると、時々個人輸入サイトがありますね。睡眠薬など「ちょっと最近寝つきがつらいなあ、試してみるか」と思いがちですが、実は睡眠薬には、非常に細かい「薬の癖」があり、人により合う薬は違ってきます。例えばアモバンという薬ですが、これは非常に高齢者向きなんです。何故かと言いますと...

≫続きを読む

即効性のある「アモバン」の改良型「ルネスタ」

夜全く眠れない…不眠症解消には「休息ドリンク」がおすすめ医者にかかると安心することって多いですよね。しかし医療行為は人にとって、いいことだけがあるわけではないんです。長所は短所という言葉通りですね。この手の誤解が多いのが、薬です。世間ではなぜか「作用」だけがちやほやされますね。「痛みどめ」の場合「痛...

≫続きを読む

効き目の強い睡眠薬「エリミン」

睡眠薬には、かなりいろいろな作用時間があるタイプのものがあります。中時間作用の薬、例えばエリミン、ベンザリンなどの場合は、30分程度で効果が出始め、4〜8時間で最大効果を発揮、薬の半減期=切れる時間が12~21時間です。つまり12時間以上効く薬なんですね。寝られないくらいで、12時間以上も効く薬を飲...

≫続きを読む

短時間タイプの睡眠導入剤「レンドルミン」

「しっかり寝たはずなのに、寝たような気がしない」という経験、ありがちですね。人の睡眠には、ノンレム睡眠、レム睡眠と言って浅い睡眠、深い睡眠をリズミカルに繰り返し、頭や体をすっきりさせる効果があるのです。したがって「眠りに問題がある場合は睡眠薬を服用する」というのは、やや安直、正確にいうとそれだけでは...

≫続きを読む

短時間作用の睡眠導入剤「リスミー」

眠れないときには睡眠薬と考えがちですが、そもそも「眠れない状況」やその人のライフスタイルや性格により、睡眠薬の選び方は異なります。とにかく夜きちんと寝たい!という人には、入眠時のみに作用する睡眠導入剤がいいでしょう。しかし、睡眠の悩みはこういうパターンだけではありません。途中に目が覚める、寝付けない...

≫続きを読む

睡眠薬「ロヒプノール」の特徴

睡眠薬には、色々な作用時間があり、それにより睡眠以外にもたらす効果も違ってきます。短時間、中時間、長時間作用に大別されますが、中時間作用で1番ポピュラーなのは、ロヒプノールです。かなり歴史が古く、同系の薬に比べ作用が強いのに副作用が少ないため、信頼性が高い薬です。最大効き目時間が1時間、半減期=実際...

≫続きを読む

中間型タイプの睡眠薬「サイレース」

睡眠薬には寝つきを良くする導入剤と、寝ている間の熟睡感を高めるもの、中途覚醒を失くすものと、目的に応じていろいろな種類があります。中途覚醒を失くすものの1つがサイレースです。中間型(時間)と呼ばれ、最大効果時間が1時間後、その後約7~8時間持続します。(ほぼ同じ薬として、ロヒプノールがあります。)睡...

≫続きを読む

ベンザリンと同等の効果がある長時間タイプ「ネルボン」

病院で処方される睡眠薬には、殆ど同じと言ってもいいタイプの薬があります。ネルボンもその1つです。最大効果時間が、1時間半〜3時間、作用時間が28時間、抗不安作用や、その他副作用などの注意項目はベンザリンと殆ど同じです。この2つのタイプの薬はどちらも40年以上前に発売されたものです。病院で薬を処方して...

≫続きを読む

脳神経の沈静化効果がある「ベンザリン」の特徴

睡眠薬のコピーで「穏やかに効きます」というようなものがありますよね。実際に今、日本で使用されている睡眠薬は効果を発揮する時間や、作用時間、また、その間の効き目の強さ、など、睡眠障害が抱える問題に応じて、様々な種類の薬が出ています。ある意味で、穏やかなのがベンザリンです。最大効果時間は1時間半〜3時間...

≫続きを読む

長時間効果がある「ドラール」の特徴

睡眠薬には、起きている時間も効果が続くものもありますが、ドラールは36時間という長い作用時間の薬です。ちなみに、ドラールよりも効き目が長い薬も多くあるのです。健康な人から見れば「寝すぎになるじゃん!」と言いたくなりますが、うつ病で不眠症状が出ている人の場合、睡眠に対する焦りが絶えず続く状態になります...

≫続きを読む

長時間作用がある睡眠薬「ダルメート」についての解説

ダルメートは、睡眠薬の中でも効き目が出てくるのが30分後、その後8時間から24時間程度、作用時間のピークが続き、65時間辺りまで作用するというかなり長い効き目がある薬です。これで、どうやって生活するのか?とも思いますが、強度の入眠障害の人にとって「寝られない」「途中で起きるかも」というのは、命に関わ...

≫続きを読む

ポピュラーな精神安定剤(抗不安薬)「デパス」の特徴

寝られない・・って辛いですね。実際、睡眠不足で体にいいことは全くありません。ところで寝られない理由って何でしょうね。過労や、生活のリズムが狂うとそれをきっかけに眠る力が落ちます。これが発展すると「眠れない自分への焦り」が出てきます。眠れない悪循環へのトンネル入りですね。こういう時には睡眠薬!・・では...

≫続きを読む

睡眠薬「ロゼレム」の特徴とその効果について

夜全く眠れないで悩んでいる時に処方される睡眠薬の大半は「寝られない焦り、不安」がより不眠を招くようなパターンを解消するものが、殆どです。従って、睡眠薬には鎮静効果があるものが多く、効き目はあるのですが、健忘、ふらつき、などの副作用が出ることもあり、薬に依存しやすくもなります。最近、このように脳を無理...

≫続きを読む

「ソメール」の効果について、特徴や注意点などについての解説

長時間作用のある薬は、中途覚醒や早朝覚醒など、途中で目が覚めることが病的ストレスになる人には効果的です。作用時間はいろいろですが、ソメールに至っては、85時間程度作用が続きます。12時間以上作用の続く睡眠薬は、ふらつき、また起きた後に「持ち越し」と言って、眠気が残る、ふらつきが続く、健忘症状が起きる...

≫続きを読む

夜全く眠れない時の睡眠薬「ベノジール」の効果について

ベノジールは睡眠薬の中でも、最大効果時間が10時間、作用時間は65時間・・正確な長さは判然としないのですが、かなり長い効果のある薬です。同じタイプにダルメートがあります。こういった薬は、不眠、特に頻繁な中途覚醒が健康に大きな害をもたらす場合に使用されます。長時間作用の薬の特徴の1つは「ベンゾジアゼピ...

≫続きを読む